Re就活登録会員対象 20代の仕事観・転職意識に関するアンケート調査(副業認可の現状) 2020年12月版

株式会社学情では、11月に「Re就活」を活用して転職活動を行った会員を対象に、「副業認可の現状」に関するアンケート調査を実施いたしましたので、結果を発表いたします。

TOPICS

副業が「認められている」が「認められていない」を31.6ポイント下回る

(1)勤務先で「副業が認められている」の回答は17.6%。「認められているか知らない」の回答も33.2%

(2)副業を認めている企業に持つイメージは「柔軟な働き方ができそう」が72.5%で最多

「労働時間が増えそう」「本業の給与カットや賞与削減につながりそう」の指摘も

(3)副業のイメージは「納税などの手続きが複雑になりそう」が「収入を増やすことができそう」に次ぐ


ダウンロード >
PDFファイル 399KB

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ