「いらない人は一人もいない」、人を生かす組織を作る

株式会社人材研究所 代表取締役 曽和利光さん

株式会社人材研究所の活動方針

 

私たちは、人やその集まりである組織には無限の可能性があると考えています。どんな人や組織でも、今がどんな状態であっても、努力次第でどんな風にでもなれる可能性がある。もし力尽きて夢破れることがあったとしても、最後まで実現を信じて努力することが生きる意味である。そして、それをサポートするのが社会の役割であると考えています。
しかしながら、現代の世界では、どちらかというと「選別の論理」の方が、効率的であるという理由でもてはやされているような気がしています。
この、ある時点での表面的なステイタスだけを見て人や組織を選別し、それ以外は負け組として一顧だにしないという姿勢は、多くの可能性の芽を摘んでしまい、社会や世界全体をやがては縮小均衡に導くものではないでしょうか。
そのような考えのもと、人材研究所では、人と組織が持つ可能性を最大化することで、社会の最大幸福を実現することに貢献したいと考えております。私たちは「人と組織の可能性の最大化」を目指し、人材マネジメントを実務面からサポートいたします。本日はそういった活動から見えてまいりました、採用活動を成功させるヒントを2つお話しできればと思います。

次のページ:組織を見える化できていますか?

1 2 3 4

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ