「なってから」ではなく「なる前」に。健康リスクを未然に防ぐ

株式会社iCARE 取締役CRO 中野雄介さん

人事の仕事の中でも優先順位が低い領域。

弊社の代表を務める山田は、かつて心療内科医として勤めていました。心療内科は、心理的・社会的なきっかけから引き起こされる身体の症状を扱う診療科です。例えば、何らかのストレスが原因で日常生活に支障をきたしていたり、身体には異常が見られないのに胃痛があるといったような方を診察しています。要は、メンタルに不調をきたしている方が来院されるのですが、あるとき、多くの方が「仕事」が原因であるということに気づきました。

本来、働くことは「自己実現」や「社会貢献」の手段であり、やりがいを感じられるようなポジティブな行為であるべきですが、今の社会では働くことを通して、自殺や家庭崩壊、引きこもり・うつ等、ネガティブな反応が現実に起こってしまっています。山田は、働くなかで悩み、メンタル不調をきたす方たちを救えるセーフティーネットがないのかと思い、「産業保健」という、働く人々の生き甲斐と労働の生産性の向上に寄与することを目的とした領域があることを知り、その活動に関心をもって「産業医」という仕事を始めました。

しかし、そこに待っていたのは、企業内で「産業医」がほとんど機能していない現実でした。従業員の健康・衛生管理やメンタルヘルス対策等については「労働安全衛生法」に定められていて、ほとんどは人事・労務担当が担うことになりますが、様々な業務の中でどうしても優先順位があがりづらい領域です。現実には、「健康診断」や「ストレスチェック」の実施等、法に定められた最低限のタスクをこなしているだけになっているケースも多いでしょう。また、産業医を雇うのにはそれなりにコストもかかることもあり、結果、優先度の高いリスクが高い方のケアはできるものの、リスクが中程度の方へのカウンセリングができないといった現実がありました。「企業の健康管理」で必要なことは、メンタルヘルスを発症した方へのケアだけではなく、その発症を未然に防ぐことではないかと考えるようになり、試行錯誤の結果生まれたのがCarelyです。

次のページ:アナログな「健康労務」を改善したい。

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ