従業員が家族に勧めたい会社を増やしたい。

一般財団法人 日本次世代企業普及機構(ホワイト財団) 評議会議長 兼 事務局長/株式会社ソビア 代表取締役 岩元 翔さん

「ブラックではない」企業が、ホワイト企業とは限らない。

――ホワイト財団設立のきっかけは、なんでしょうか。

私たちが本財団を設立いたしましたのは、「ブラック企業」という言葉が世間の大きな関心事となった2015年でした。それまでもブラック企業という言葉はあったものの、大手広告代理店の過労死問題を皮切りに、「ブラック企業は悪だ」「従業員の働き方改革が必要だ」という声が大きくなり、今やブラック企業を攻撃するような風潮も見受けられますよね。一方で、優秀な会社経営をされている企業がフォーカスされるような制度はあまりなかった。そういった素晴らしい企業を表彰し、世の中にPRできるような制度があってもいいのではないかと思い、立ち上げたのがホワイト財団です。

――「ホワイト企業」とはどのような企業でしょうか。

ホワイト企業というと、「ブラックではない」企業というのが世間一般的な認識かと思いますが、私たちはそうは考えていません。ブラック企業といえば、残業代が出ない、パワハラがある、休みがない…といった特徴があげられると思いますが、その逆に残業代が出て、社風が優しく、しっかりと休みもとれる会社が入社したい企業かといわれると、必ずしもそうとは言い切れないのではないでしょうか。私たちはホワイト企業を、「家族に入社を勧めたい、次世代に残していきたい」企業と考えており、その定義は以下の通りです。

・長期にわたって健全な経営を続けられる優れたビジネスを行う企業

・従業員が安心して働き続けられるために優れた社内統治を行う企業

・時代のニーズに合わせた従業員の働きがい(エンゲージメント)を高く保つ企業

――経営のモデルに着目しているのですね。

次世代に残していきたい企業という点で、従業員が安心して働ける環境にあることが何よりも大切だと思いますので、そのためにも向こう数年、数十年と、景気情勢にも左右されない優れたビジネスモデルがあることを重要視しています。

次のページ:受けるだけで価値のある「ホワイト企業認定」。

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ