ESの向上に直結する、癒しの非日常空間をご提供いたします。

ロングライフリゾート株式会社 代表取締役社長 遠藤拓馬さん/リゾートライフプロデューサー 福留彩音さん

前例のない、介護会社によるリゾート事業への参入

――早速ですが、介護サービスの会社が会員制リゾートとは、驚かれませんか。

遠藤:お客様からもよくご質問いただくのですが、実は既存事業である高齢者施設の運営と、ホテル・リゾート事業は、とても親和性が高いんです。当社の高齢者施設にご入居される方は旅行等がお好きな、いわゆるアクティブシニアの方々が多いのですが、お年を召されるごとに徐々に体力が衰えていき、楽しみにしていた旅行に行くことも簡単ではなくなってきます。

福留:そこで、お客様(ご入居者様)の方々に少しでも喜んでいただこうと、旅行会社と協力をして、介護スタッフ付きの特別な旅行ツアーを企画・実行してみたんです。そんな中、とあるお客様とご家族を旅行にお連れしていた時のことなんですが、そのお客様は、旅行の際も常にスタッフのフォローが必要な為、普段は車イスで移動される状態でしたが、最後に集合写真を撮ることになった際、自分から立ち上がることができたんです。

――普通では考えられないようなことが起こりましたね。

遠藤:現地にいたご家族やスタッフの喜びはひとしおだったそうですし、私自身、この話を聞いたときは非常に驚きました。恐らく、旅行という非日常空間のなかで、ご本人も想像できないようなパワーが溢れてきたのではないでしょうか。そこで、こうした事例をもっと増やしたいと思い、活動を続けていたのですが、高齢者に優しいバリアフリー対応型の宿泊施設が思いの外少ない、という事実に気付いたのです。であれば、自分たちで作ってしまおう、そして高齢者の方々にもっと喜びと驚きを体験していただこうと考え、ホテル・リゾート事業に参入することになったのです。

福留:現在は「ときホリデー&ヴィラステイ」として4拠点、函館・箱根・由布院・石垣島といった全国でも屈指のリゾート地の広大な敷地内に、日本では珍しい1棟貸切りタイプのヴィラを運営しています。ヴィラとは、一言でいうと自分の別荘のように過ごせる宿泊施設のことで、私どもの施設は、大自然に包まれながらそこに住んでいるという、別荘のような感覚でお楽しみいただけるよう、各拠点7~8棟のみのご用意です。ちなみに、最大の函館は7万坪に及ぶ広大な敷地がございます。

遠藤:サービス開始からまだ4年あまりですが、おかげさまで多くのお客様にご利用いただいております。実は、会員の約8割が法人会員で、社員の福利厚生やモチベーションアップにご活用いただいております。

次のページ:ご両親やご友人にも自慢できる福利厚生制度

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ