自主的な学びを促し、新たな自分の発見・成長の場を提供。

南山大学 キャリア支援委員会 委員長 人文学部 教授 中村和彦さん

教員・事務職員の連携で学生のキャリアデザインを支援。

 

――キャリア支援委員会とキャリア支援室、それぞれの役割についてお教えください。

 

南山大学ではキャリアサポートプログラム、インターンシップ、そして就職支援プログラムの3つのプログラムを柱とし、1年次から多彩なプログラムで学生の適性に合ったキャリアデザインを支援しています。学生が属する学部・学科に合わせたキャリア支援を行うために学部からそれぞれ選出された教員によって構成されたキャリア支援委員会と、就職・進路相談のエキスパートである職員達によるキャリア支援室の両輪で、学生一人ひとりに寄り添ったサポートを可能にしています。

特に1年次から実施しているキャリアサポートプログラムでは、「学部・学科別学び方講座」や「学生生活デザインセミナー」といった、学生の学びの志向によって異なる内容を、キャリア支援室のサポートのもと、学部・学科が主体性を持って行っていただくことで、より具体的で実践的な指導を実現しており、それぞれに役割を持たせている好例だと考えています。

 

――キャリア支援委員会の先生方は、企業訪問もされるそうですね。

 

はい。私たちが実際の企業様の声に触れることで、より綿密なキャリア教育・就職支援を行いたいと考え、委員会の先生には全員、企業に訪問しています。もちろん私も訪問しており、いずれの企業様からも貴重なお話を聞かせていただき、大変有難く思っております。

こうした機会を通じて得た情報を学生に話すことで、指導の説得力がより増しますし、先生や職員がここまでやってくれるのなら、とやる気を出してくれる学生も多く、とても良い効果を生み出しています。これからも企業様のご負担にならない範囲で、ぜひご協力をお願い申し上げます。

次のページ:クォーター制をはじめとする様々な学びの場を提供。

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ