女性活躍推進法

人事の図書館 編集長 大西直樹

女性の活躍をより推進するために、2019年に改正。

 

女性活躍推進法の正式名称は「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」で、女性が仕事で活躍することを、雇用主である企業や団体等が推進することを義務付けた法律です。2016年4月1日から施行されており、2019年6月5日に一部改正内容が公布されました。ここではまず、すでに施行されている法律の概要をご説明し、その後、今後実施される改正内容や施行日について解説させていただきます。

 

はじめに、なぜこの法律が作られたのか、から考えていきたいと思います。男女雇用機会均等法の施行以降、女性の社会進出は進んできたものの、まだまだ男女格差が大きい、というのも事実です。例えば我が国の女性管理職の割合は12.9%で、フィリピン(48.9%)、アメリカ(43.8%)、スウェーデン(39.3%)とはじめとする諸外国と比べてかなり低い水準にとどまっています。全就業者に占める女性の割合は各国で大差はありませんので、「女性がキャリアアップしにくい現状」が浮き彫りになっています。

 

データブック国際労働比較2018より

 

こうした男女格差を解消し、女性が社会で能力を発揮できるよう、女性活躍推進法は作られたのです。

次のページ:取り組みを進めることで、企業のイメージアップに貢献。

1 2 3 4

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ