ジョブ・リターン制度

人事の図書館 編集長 大西直樹

やむを得ず退職した方を再雇用する制度。

 

育児や介護、配属者の転勤等、ワークライフバランスや生活事情の変化で、やむなく退職した人が、その後一定の期間を経て、再び働きたいと希望する場合に再び雇用する制度が「ジョブ・リターン制度」です。企業によっては再雇用制度やキャリア・リターン制度、カムバック制度とも呼ばれています。

厚生労働省の「平成29年度雇用均等等基本調査」では、こうした制度があると答えた企業は全体の約3割で、業種別では「教育、学習支援業」(44.1%)「宿泊業、飲食サービス業」(43.8%)、「複合サービス事業」(39.5%)「金融業、保険業」及び「生活関連サービス業、娯楽業」(39.1%)等で割合が高くなっています。また、事業所規模別では「500人以上」(35.3%)「100~499人」(32.5%)がやや高くなっていますが、さほど大きな違いはありません。

 

※厚生労働省「平成29年度雇用均等基本調査」より抜粋

次のページ:採用・教育コストの抑制や、組織の活性化に寄与。

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ