働き方改革関連法

人事の図書館 編集長 大西直樹

全ての企業が把握・対応すべき重要法。

 

2019年4月1日より適用が開始された、働き方改革関連法。正式名は「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」で、労働基準法、労働安全衛生法、労働契約法、パートタイム労働法、労働者派遣法等の法律の改正が対象となり、従業員を雇用する全ての企業が把握して対応しなければならない内容となっています。

各法改正項目の適用開始時期は大企業と中小企業で異なります。以下の中小企業の定義にいずれも当てはまらなければ、大企業として扱われます。

厚生労働省 働き方改革関連法案の主な内容と施行時期

次のページ:大企業と中小企業で適用開始時期が異なる。

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ