「楽しい生き方」を実践する力を育み、高評価を獲得した手厚いキャリア・就職支援。

大阪商業大学 キャリアサポート室 リーダー 須山拓也さん

学生一人ひとりの挑戦する気持ちを全力で支援。

 

――須山さんは大阪商業大学のご卒業生でいらっしゃいますが、貴学の校風や学生気質についてお教えください。

部活動が盛んで、中学・高校からスポーツをやっている学生が多いためか、素直で人情味に溢れた、情熱的なタイプが多いですね。勉強一辺倒でなく、スポーツを通じてしっかりと人間性を培っているためか、社会に出てから目覚ましい活躍を遂げる活躍する卒業生が多いと、企業の皆様からよくお聞きします。

 

――そうした卒業生の活躍の源泉になっているのが、建学の精神、そしてそれを支える4つの柱ですね。

本学では建学の精神である「世に役立つ人物の育成」を使命とし、大学教育70年超の長きにわたり、「実学教育の実践」に力を注いできました。そして建学の精神を支える4つの柱の中でも、特に注目されるのは「楽しい生き方」という項目です。これは本学学長の言葉でもあるのですが、昨今では勉強も遊びもすべて受身という学生が多い中で、自分から新しいことに挑戦し、学んでいくことが一番重要で、「やるかやらないか迷ったら、必ず『やる』ほうを選んでほしい」と、入学式や卒業式といった節目の際には必ず伝えるようにしています。もちろん失敗することもあるでしょうが、そのほうが結果的に得るものが多くなり、卒業後にはひと回り大きな人間、「楽しい生き方」を自己実現できる人間に成長することができます。本学では今後も、正課の授業だけでなく、正課外の様々な活動、そして我々が実施しているキャリアサポートといったあらゆる面から学生一人ひとりの挑戦する気持ちを、これからも全力で支援してまいります。


次のページ:2~4年次の全学生を対象に、1人約50分間の集中個別面談を実施。

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ