ワークライフインテグレーション

人事の図書館 編集長 大西直樹

ワークライフインテグレーションとは、「ワーク(職業生活)」と「ライフ(個人生活)」を別のものではなく、人生の構成要素として「インテグレーション(統合的)」に捉え、「仕事」と「生活」両方の充実を求める考え方のことです。いつどこにいても、インターネットに接続することができる現代では、仕事とプライベートの時間を明確に区別しづらくなっており、2020年の新型コロナウイルス感染拡大によってテレワークが推進され、さらに職場と個人の生活が切り離せなくなりました。今や自宅にいても、スマホやパソコンで仕事関係の情報を集めたり処理できるため、たとえ残業をしなかったとしても、自宅でもオフィスと変わらない環境を構築し、プライベートな時間に仕事をすることも可能です。その背景を踏まえ、一部の企業では「職場と生活を前向きに融合させること」を目的とした「ワークライフインテグレーション」の活用事例が増えており、今後さらに広まっていくと考えられています。

 

ワークライフバランスとの違いは?

 

ワークライフインテグレーションとよく似た概念としてワークライフバランスがあります。すでに多くの企業がワークライフバランスを意識した改革に取り組んでいるため、その意味を知っている人は多いでしょう。一見すると、ワークライフバランスとワークライフインテグレーションはよく似たものと思えるかもしれませんが、両者は異なる概念です。ワークライフバランスとは、仕事と生活を相反するものとして捉え、両者のバランスを取ることを重視するという考え方ですが、ワークライフインテグレーションは仕事と生活の2つを統合して捉えるという考え方です。ワークライフバランスの場合は、仕事が忙しいと生活が侵食されるという考え方ですが、ワークライフインテグレーションは、生活と仕事は相互にプラスの影響を与え合うものであり、仕事の充実が生活の充実につながり、また生活の充実が仕事の充実につながると考えます。どちらも人生の一部であり、反発するものとは見做さないという新しい考え方なのです。


次のページ:ワークライフインテグレーションを導入するメリットとは?

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ