「学生一人ひとりの夢の実現」のため、300近くの多種多様な支援行事を実施。

中央大学 キャリアセンター キャリア支援課 副課長 北田圭さん

自らで考え、目指す方向に向かって進むことのできる、「自走できる人材」の育成を目指す。

 

――貴校の校風や学生気質についてお教えください。

「質実剛健」、本学学生を表すのにまず思い浮かぶのがこの言葉です。卒業生に対しても「まじめで実直」「コツコツと誠実に仕事に取り組んでくれる」といったお声をいただくことが多く、高い評価につながっていると自負しています。また毎年500人以上、実に卒業生の10人に1人は公務員として卒業します。他大と比べてかなり高い数字となっているのも、究極のサービス業と言われる公務員の仕事を通じて、公の利益、より多くの方の幸せに資する働き方をしたいというマインドが強い学生が多く、そのために難関資格・試験合格への努力を厭わないという本学学生のまじめさ・誠実さを表しているのではないでしょうか。

 

――では貴校のキャリア・就職支援の特徴やご方針についてお聞かせください。

私たちキャリアセンターは「学生一人ひとりの夢の実現」をサポートポリシーとして掲げており、1年次から4年次まで途切れることなく様々なプログラムを提供し、学生が自らで考え、目指す方向に向かって進むことのできる、「自走できる人材」の育成を目指しています。本学では1学年で6,000名以上の学生が在籍しており、全員と個別面談を行うことは難しいのですが、なるべく個々のニーズに即したプログラム・イベントへの参加を促進し、きめ細かいサポート活動を行いたいと考えた結果、現在では年間で300近くの多種多様な支援行事を実施しています。

また本学では「家族的情味」、中央大学の教職員・学生、そして卒業生が相互に「大家族のような情愛」を持つことを伝統的に受け継いでおり、この精神は各種プログラム・イベントにも隅々に行きわたっています。教職員・卒業生が一体となって、低年次から学生に対して、優しさだけでなく特に厳しい指導・支援ができているのも、130年を超える歴史を持つ本学ならでは強みではないでしょうか。


次のページ:「ガクチカ難民」が増える中、学生の不安を解消していくことが今まで以上に求められている。

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ