サクセッションプラン

人事の図書館 編集長 大西直樹

サクセッションプラン(Succession plan)とは「後継者育成プラン」のことで、企業の重要ポジションである経営者や経営幹部の候補となる人材を抜擢し、育成することを指します。サクセッションには「継承」「相続」といった意味があり、企業は優秀な人材を育成して昇進させ、CEOや経営幹部を引き継ぐよう取り計らうことで、長期的な存続につなげることができます。

サクセッションプランは「コーポレートガバナンス・コード(企業統治指針)」の改定により、上場企業に対して強く要請されるようになったため、注目されるようになりました。コーポレートガバナンス・コードとは、日本企業のガバナンスの底上げを目的に、金融庁と東京証券取引所が共同で策定した文書で、2018年6月の改訂では、主要変更点の一つとして「CEOのサクセッションプランおよび選解任基準などに関する取り組み」が要請されています。

【補充原則 4−1③】

取締役会は、会社の目指すところ(経営理念等)や具体的な経営戦略を踏まえ、最高経営責任者(CEO)等の後継者計画(プランニング)の策定・運用に主体的に関与するとともに、後継者候補の育成が十分な時間と資源をかけて計画的に行われていくよう、適切に監督を行うべきである。

 

「経営者視点に立った横断的な育成」を施すのがサクセッションプラン。

 

従来型の後任登用とは違う、「新しい人材マネジメントシステム」ともいえるサクセッションプランですが、タレントマネジメントや人材育成とは何が違うのでしょうか。

 

◆タレントマネジメントとの違い

タレントマネジメントとは、タレント(従業員)が持つ能力やスキルといった情報を重要な経営資源として捉え、採用や配置、育成に活用することで、従業員と組織のパフォーマンスの最大化を目指す人材マネジメントを意味します。タレントマネジメントとサクセッションプランは、「企業内に優秀な人材を育成・定着させるための施策」という点では共通していますが、対象の範囲が異なります。タレントマネジメントの対象者は「全従業員」や「幹部候補やプロ人材」ですが、サクセッションプランでは「幹部候補者」と「経営者候補」に絞られます。

 

◆人材育成との違い

人材育成とサクセッションプランは、育成する項目と指導者が異なります。人材育成は、組織が望むビジョンに向かって従業員の成長を施す施策全般を指します。人事部が主導となって従業員に研修/フォローアップを施します。一方、サクセッションプランは経営層が主導となって後継者候補に「経営者視点に立った横断的な育成」を施します。


次のページ:サクセッションプランを導入するメリットとは。

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ