海外エンジニアと通訳なしで話せる、英語力も技術力も備わったエンジニアになりたい。

福岡工業大学 工学部知能機械工学科3年 原田元気さん

ここでなら自分がやりたい研究に没頭できそうだと考え、福工大へ進学を決意。

 

――原田さんが福岡工業大学に進学した理由についてお聞かせください。

ものづくりが得意だった祖父の影響もあり、私も小学校の頃に野球盤を自作する等、小さい頃から自分で何かを作り出すのが大好きでした。将来は工業大学に進学したくて工業高校に進学、いざ大学受験を、という時に福岡工業大学のオープンキャンパスに参加したのですが、施設の充実ぶりに圧倒されまして、ここでなら自分がやりたい研究に没頭できそうだと考え、進学を決意しました。

 

――工学部知能機械工学科ではどのようなことを学んでいらっしゃるのですか?

機械工学を学ぶ上で必須となる四力学(流体力学、機械力学、材料力学、熱力学)の修得を中心に、機械の動きを検知し制御する方法について学修・研究を行う知能機械制御工学や計測工学等を学んでいます。「知能機械」とはこれまでの「自動化」から進化し、機械に“人間に似た振る舞い”をさせる「自律化」を目指したもので、例えば自動ドアはセンサーによって人が近づいた際に自動的に開閉を繰り返すだけですが、自律ドアは不審者が近づいた際には開閉をストップするという判断を自らで行うようになります。これらの技術は、ロボットや人工衛星、自動車、エアコン、巨大なプラント等、様々な分野から期待されている研究領域です。


次のページ:さらにものづくりが好きになれた、プレ卒研での貴重な経験。

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ