全世界1,000店舗実現のため、誰からも愛される社員を一人でも多く採用することが急務。

株式会社トライ・インターナショナル 執行役員(経営管理本部長) 中川貴裕さん

「半医半商」、予防医学のお手伝いをしながら、ビジネスの拡大を図っていく。

 

――コロナ禍で飲食業界各社が苦戦を強いられる中、貴社は順調に新店を出店する等、成長を続けていらっしゃいます。その秘訣はどこにあるのでしょうか?

2点ありまして、まずひとつめが店内調理にこだわっているという点です。当社程の規模の飲食チェーンはほとんどがセントラルキッチンで食材加工・調理を行い、各店舗での工程を最小限にすることで店内作業の効率化を図っています。しかし当社では、例えば味噌らーめんの味の決め手となる味噌の調合をはじめ、多くの調理工程を店内で行うことにより、出来立てで美味しい商品をお客様にご提供することにこだわっています。もちろん店内調理のオペレーションに係る技術を体得するまでの教育にも時間を要します。しかし、当社の企業理念である「お客様第一主義」、そして「いかなる時も人間として正しいものは何かという原理原則を大切にする」ために、企業規模、出店数が今後大きくなっていったとしても、この方針は守り続けていくべきだと考えています。

そしてもうひとつは、味噌が持つ様々な効能が、このコロナ禍の中でますます期待されているからではないでしょうか。これまで関西以西では味噌らーめんはあまり親しまれておりませんでしたが、昨今は人気も高まっており、新店も順調に増やせております。当社には「半医半商」という言葉があり、当社がお届けする商品を召し上がっていただくことで、半分は「予防医学」のお手伝いを、そして半分は「商い」をさせていただける企業でありたいと考えています。味噌をはじめとした日本の食文化を一人でも多くのお客様にお届けし、美味しく、楽しく、健やかな暮らしの実現に寄与しながら、まずは出店数200店舗、そしてゆくゆくは全世界で1,000店舗の出店を目指し、ビジネスの拡大を図ってまいります。


次のページ:若手から責任あるポジションを任せ、成長を支える柱になってほしい。

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ