リスキリング

人事の図書館 編集長 大西直樹

リスキリング(Reskilling)とは、働き方の多様化や技術の進展等による産業構造の根本的な変化によって、今後新たに発生する業種や職種に順応するための知識やスキルを習得することを目的に、人材の再教育や再開発をする取り組みを意味します。経済産業省はリスキリングの定義を「新しい職業に就くために、あるいは、今の職業で必要とされるスキルの大幅な変化に適応するために、必要なスキルを獲得する/させること」と定めており、リスキリングは社会人の転職やキャリアアップの場で多く用いられる傾向があります。

リスキリングと似た言葉に「リカレント教育」というものがあります。リカレント教育は「反復」「循環」「循環教育」と訳され、社会人になってからも必要に応じて専門の知識を学び直すため、「学び直し教育」とも呼ばれています。一方で、リスキリングは学び直しというよりも、これからの時代に必要な新たなスキルを獲得するための学習という意味合いが強くなっています。また、「生涯学習」という言葉もありますが、これは個人で一生かけて学んでいくものであり、リスキリングやリカレントは企業、仕事との関わりが強い、という違いがあります。

 

デジタル関連の職種への労働移動を後押しする、リスキリング。

 

リスキリングが注目されている背景には、2020年1月に開催されたダボス会議(世界経済フォーラム)で「リスキリング革命」が大々的に発表され、2030年までに10億人のリスキルを目指すと宣言されたことや、AI・IoTを中心とした第4次産業革命がおこり、既存の仕事の在り方が大幅に変化する事が現実味を帯びてきたといった理由が挙げられます。新型コロナウイルス対策に伴い、テレワークや在宅勤務が急速に広まったため、新しい働き方に対応できるスキルが必要になりました。ビデオ会議やチャットツールだけでなく、CRM(顧客関係管理)やSFA(営業支援システム)を導入したものの、どう有効活用して良いかわからない、集めたデータをどうやったら販売や戦略につなげられるかを知りたい、という要求にこたえられる人材が必要になっていること等が、リスキリングが注目される理由として考えられます。

世界経済フォーラム(WEF)の予測では25年までに事務職など8,500万人分の雇用が消滅する一方、データアナリストなど9,700万人分の雇用が新たに生まれるとされています。リスキリングの実施で世界の国内総生産(GDP)を6.5兆ドル(約700兆円)底上げするとの試算もあり、デジタル関連の職種への労働移動を後押しするリスキリングの重要性が高まっているといえます。


次のページ:リスキリングが企業にもたらすメリットとは。

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ