対面でもオンラインでも、「阪和興業らしさ」を体感し、楽しんでもらいたい。

阪和興業株式会社 人事部 人材開発課 山田祐也さん/人見恵理子さん

自分の足でしっかり立って歩いていく、この力強さこそが阪和興業のDNA。

 

――大手総合商社には財閥系やメーカー系等がありますが、貴社のような「独立系」商社にはどのような特長があるのでしょうか?

山田:独立系商社である当社は、親会社やグループ会社といった誰かから与えられる商売はひとつもなく、創業した当初から現在まで変わらずに常に自力でビジネスを切り拓いていく必要があります。しかしそれは、誰にも束縛されることなく仕入れ先や事業展開を自由に決められるという強みでもあります。後ろ盾がない分、創造力や行動力を駆使して新たな商売を開拓し、自分の足でしっかり立って歩いていく、この力強さこそが阪和興業のDNAであり、最大の特長です。

人見:独立系という言葉と併せて、私たちは自社のことを「ユーザー系」商社だと称しています。独立系であるが故に、1社1社の取引を大切にし、常にお客様のことを第一に考えて、相手に寄り添った提案をすることで永続的な価値創造、そして顧客満足を追求する。そうした「流通のプロ」として社員全員が成長できるよう、常に新しい挑戦を重ねている点も、当社ならではの強みではないでしょうか。

 

――そうした想いが「ひとりの強さ。ひとつになれる強さ。」という採用メッセージにこめられているんですね。

山田:「ひとりの強さ。」とは独立系商社である当社の強さであり、同時に阪和興業に籍を置く商社パーソンとして、一人ひとりが個性を活かしながら己の役割をしっかりと果たしていく強さを表しています。一方、独力で大きなビジネスを成し遂げることはできませんので、個性を活かしつつ、目標に向かって結束できる強さ、お客様、そして社会課題の解決に向けて一丸になれる強さを、「ひとつになれる強さ。」という言葉で表現しました。

人見:また「ひとつになれる強さ。」には、お客様ともひとつになれる、という意味も含まれています。お客様の様々なニーズにお応えし、最高の結果をお客様と共に全速力で掴みに行く、これこそがユーザー系商社、阪和興業の矜持であり、業界内での存在価値を高める一因となっています。


次のページ:実際のビジネスをゲーム感覚で体感できる、自社オリジナルのワークショップを実施。

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ