VUCA

人事の図書館 編集長 大西直樹

「VUCA(ブーカ)」とは「Volatility(変動性)」「Uncertainty(不確実性)」「Complexity(複雑性)」「Ambiguity(曖昧性)」の頭文字をとった言葉で、社会やビジネスシーン等のあらゆるものにおいて「変化が激しく、予測不可能なことが連続して起こる状態」を意味します。VUCAという言葉の初出は、1987年のアメリカ陸軍戦略大学のカリキュラム開発資料といわれています。その後、1990年代のアメリカで冷戦終結後の複雑化した国際情勢を意味する軍事用語として使われ始め、2010年代にはビジネスシーンでも経営やマネジメントの文脈において、取り上げられるようになりました。日本では経済産業省が2019年に発表した企業競争力強化に関する提言で、「経営トップが率先して、VUCA時代におけるミッション・ビジョンの実現を目指し、組織や企業文化の変革を進めること」を掲げたことが、関心を集めるきっかけになりました。

※経済産業省「人材競争力強化のための9つの提言(案)~日本企業の経営競争力強化に向けて~

 

VUCAとは「Volatility」「Uncertainty」「Complexity」「Ambiguity」の頭文字。

 

まずVUCAを構成する4つの言葉についてご説明します。

◆Volatility:変動性

変動性とは、これからどのような変化が起こっていくのかを予測することが難しい状態を指します。新しいテクノロジーや、SNSサービス等の出現などに伴い、経営にも大きな影響が生じる可能性があります。変動性に対応するためにも、消費者のニーズをいち早く察知する力や、常に社会の変化に関する情報収集が必要です。

◆Uncertainty:不確実性

不確実性な状態では、現時点で確定していないことが多く、経営にリスクが生じるものです。例えば東日本大震災や、集中豪雨といった自然災害は予測が難しい一方で、経営に大きなダメージを与えることとなります。さらに今後のスタンダードな働き方、環境の変化等も不確実性に該当し、過去の事例を参考することが大切です。

◆Complexity:複雑性

複雑性は、様々な要因が複雑に絡み合っている状態で、解決策を見出すのが困難な状況を指します。各国の経済格差や、政治的なリスク等の国際的な問題に加え、日本国内の法律・制度も当てはまります。特に世界的に幅広いエリアでサービスを展開している企業では、その地域の商習慣、顧客のニーズを理解しなければなりません。

◆Ambiguity:曖昧性

曖昧性とは、ある物事に対して、絶対的な解決策が発見できない状態です。具体的には消費者の多様化に伴い、どのようなマーケティング施策が適切であるかを導けないことが挙げられます。従来のマーケティング施策が通用しなくなった現代では、いち早く消費者の価値観を把握し、どのような方法を活用するかが問われます。


次のページ:VUCA時代において必要な人材とは?

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ