ABW

人事の図書館 編集長 大西直樹

「ABW(Activity Based Working)」とは、従業員がその時々の仕事の内容に応じて、最も効率的に行うにはどの場所が最適なのかを決定して仕事を進めるワークスタイルです。例えば、集中が必要な作業とそうではない作業に分け、集中が必要なときには周囲から邪魔が入らないオフィス内の静かな場所や自宅で行い、逆に適度な雑談をはさみながら作業を進めたいときは同僚が集まっている空間に行くこと等が挙げられます。どこで働くのかを所属や役割によって決めるのではなく、業務内容(アクティビティ)によって個々人の判断で決定し、アクティビティに最も適したスペースを選ぶことで生産性の向上を図る点が特徴です。

実はコロナ以前からクリエイティビティを求める組織や、優秀な人材確保の競争が激しい企業・業界を中心にABW導入が進んできましたが、コロナ禍を経てテレワークが急速に進んだことで、自宅と会社以外にも働く場所をよりハイブリッドに選択するワークスタイルが急速に浸透しつつあります。

 

「ABW」と「フリーアドレス」との違い。

 

ABWを最初に始めたのは、オランダの企業「Veldhoen + Company」と言われており、「個人が最善の仕事をするための時間とパートナーを自由に選ぶ権利がある」との考えにもとづいています。その後、オーストラリアでの成功事例をもって認知度が高まり、日本国内でも働き方改革の手法のひとつとして注目度が高まっています。

ABWには、「物理的な環境」「テクノロジー(IT環境等)」「社員の行動」という3つの軸があります。ABWと似たような取り組みに「フリーアドレス」がありますが、フリーアドレスはオフィスの中でどのデスクを選ぶかという点、つまり3つのうち「物理的な環境」の側面しか見られず、仕事を効率的に行うためにフレキシブルに場所を変えるわけではありません。一方でABWは様々なテクノロジーを駆使して社員の行動を変えることを目的としており、「この活動に適している空間はどこか」という判断軸で最適な場所を選ぶことで、オフィス内外問わず、そして勤務時間にも縛られない働き方ができるようになります。


次のページ:ABWのメリット・デメリットとは。

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

  • ABW

    人事の図書館 編集長 大西直樹

    2022.01.11 更新

  • ギグワーク

    人事の図書館 編集長 大西直樹

    2021.12.20 更新

  • キャリア・アンカー

    人事の図書館 編集長 大西直樹

    2021.11.29 更新

  • リアリティショック

    人事の図書館 編集長 大西直樹

    2021.10.18 更新

  • FIRE

    人事の図書館 編集長 大西直樹

    2021.09.06 更新

おすすめ記事

一覧へ