ギグワーク

人事の図書館 編集長 大西直樹

「ギグワーク」とはギグ(Gig)とワーク(Work)を組み合わせてできた言葉で、「短時間・単発でできる仕事」をする働き方のことを指す言葉です。2019年頃に米国で発祥した概念で、ギグ(Gig)という言葉は英語のスラングで、ライブハウス等で単発の契約で演奏を行うミュージシャンに使われたことから、単発で仕事を受ける働き方としてギグワークの言葉が生まれました。

仕事の発注者と受注者という関係で業務委託契約を結び、成果物や稼働内容に対して報酬を受け取るので、短時間の案件が多く、ノルマもありません。またこうしたギグワークをする人のことを「ギグワーカー」、ギグワークで成立する経済圏を「ギグエコノミー」といいます。

 

デジタル化、コロナ禍の影響で急速に拡大しているギグワーク。

 

ギグワーク普及の背景には、以下の2点が挙げられています。

◆デジタル化

ギグワーク普及の理由のひとつとして、デジタル化が挙げられます。デジタル化により、インターネット環境さえあればいつでもどこでも仕事ができるようになったことで、単発で受けられる仕事が増えたことが、ギグワーク普及の背景となっています。

◆コロナ禍

コロナ禍により、時短勤務やリモートワークで、スキマ時間や自由時間を有効に使おうとする動きが増えたことや、収入減を補いたいという動きが、ギグワークの普及に繋がりました。

ギグワークと聞くと、不安定な労働環境の中での一時的なつなぎの仕事だとイメージされがちですが、アメリカのギグワーカーの総収入は2018年で1兆4000億ドルに上り、CNNビジネスの記事によると、2017年5月の時点で、全労働人口の約34%がギグエコノミーに所属しています。アメリカではギグワーカーを守る法整備もなされており、ギグワークもひとつの働き方として認められています。さらに中国でもこの働き方が広がりを見せています。中国人的資源社会保証部の発表によると、国内でギグワークを行う人々は2億人以上に上っており、そのうち50%以上が若い世代だといいます。このように、世界では既にギグワークという働き方は主流になりつつあるのです。

日本でもUberEats等の配達員を目にする機会が増え、ギグワークが少しずつ知られるようになりました。しかし諸外国に比べて日本ではギグワークを本業として働く人も少なく、ギグワーカーを守る制度もありません。さらに日本ではギグワーカーの正確な統計も無いため、ギグワークに対する理解はまだされてないと言えるでしょう。


次のページ:ギグワークと単発バイト・クラウドソーシング・業務委託との違い。

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

  • ABW

    人事の図書館 編集長 大西直樹

    2022.01.11 更新

  • ギグワーク

    人事の図書館 編集長 大西直樹

    2021.12.20 更新

  • キャリア・アンカー

    人事の図書館 編集長 大西直樹

    2021.11.29 更新

  • リアリティショック

    人事の図書館 編集長 大西直樹

    2021.10.18 更新

  • FIRE

    人事の図書館 編集長 大西直樹

    2021.09.06 更新

おすすめ記事

一覧へ