キャリア・アンカー

人事の図書館 編集長 大西直樹

キャリア・アンカー(Carrer anchor)は、マサチューセッツ工科大学の組織心理学者であるエドガー・シャイン博士が提唱したキャリア理論で、仕事をする上でこれだけは譲れないというような価値観や欲求のことを表します。「anchor」とは「船の錨(いかり)」を意味しており、錨がしっかりと海底に下りていると船は安定してとどまることができます。同様に、キャリア形成においても、軸となる「アンカー(仕事に対する価値観)」を把握することで、仕事や人生に求めているものを明確に自覚でき、納得のいく働き方を選びやすくなると考えられています。そんな人生の要となるキャリア・アンカーは、長い年月を経て構築されるものであり、完成までに時間がかかる分、一度形成されたキャリア・アンカーは周りの環境や状況、自身の年齢が変化したとしても、変わらずにキャリアの軸であり続けると言われています。

 

キャリア・アンカーを取り入れることの、具体的なメリットとは。

 

企業が求めるスキルや経験に、個人が合わせて働くのが一般的だったこれまでと異なり、人材流動性が高まり、働き方に対する考えも変化していく中では、受け身のままでは自分らしく働くことができませんし、企業は優秀な社員を失ってしまう可能性があります。時代や環境が変化していく中で、個人がパフォーマンスを最大限に発揮し、企業がそれを活かして発展するために「キャリア・アンカー」が重視されています。ではキャリア・アンカーを取り入れることで、個人と企業に具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

【個人のメリット】 満足度の高いキャリアや働き方を選択できる

自身の根幹となる軸(アンカータイプ)を把握することで、昇進や転職、結婚など様々な人生の節目で、自分の望む満足度の高い働き方を選択しやすくなります。そして、表面的な外部情報(報酬や肩書等)の誘惑を受け、後になってから不満を感じるような就職や転職をしてしまうリスクを回避できます。

【企業のメリット】 ミスマッチを防ぐことができ、離職率の改善につながる

企業側にとっても、個々の社員のアンカータイプを把握することのメリットがあります。例えば、人事担当者が人員配置を考える際、候補者が技術力を極めたいタイプか、ゼネラリストを目指したいタイプかが分かっていれば最適な采配を振るうことができます。また転職が当たり前になっている昨今、能力のある人材を組織に定着させるために、個人に寄り添った人事の重要性はより高まっています。そして、適した配置をすることで、個々の社員のパフォーマンスを最大化することができ、組織としての成果も上がります。


次のページ:その人が築き上げてきた価値観を8つに分類。

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

  • ABW

    人事の図書館 編集長 大西直樹

    2022.01.11 更新

  • ギグワーク

    人事の図書館 編集長 大西直樹

    2021.12.20 更新

  • キャリア・アンカー

    人事の図書館 編集長 大西直樹

    2021.11.29 更新

  • リアリティショック

    人事の図書館 編集長 大西直樹

    2021.10.18 更新

  • FIRE

    人事の図書館 編集長 大西直樹

    2021.09.06 更新

おすすめ記事

一覧へ