これからも知らない世界の扉を、怖がらずにどんどん開いていきたい。

東海大学 よさこいダンスチーム 響 瀧澤彩香さん

たまたま手にしたビラがきっかけで、よさこいダンスチームに入部を決意。

 

――はじめに、瀧澤さんが「よさこいダンスチーム 響」に入部したきっかけについて教えてください。

入学後、どのサークルに入部しようか迷っていた時にたまたま手にしたビラがきっかけです。それまでよさこいのことはほとんど知らなかったのですが、ビラに紹介されていたYouTubeを見て、「カッコいい!私もやってみたい!」と思い、入部を決めました。

 

――「よさこいダンスチーム 響」の概要について、お教えください。

東海大学湘南キャンパスで唯一のよさこいチームで、私たちで14代目という歴史があり、1・2年生が約30名、私たち3年生が約50名、計約110名という大所帯で活動していました。練習は毎週月・金の2日間、シーズンが近くなると水曜を加えた3日間で17:30~19:30の2時間行っており、大学のある神奈川近郊のよさこい祭りを中心に、他大学のよさこいチームとの交流イベントや、年に3回、札幌や新潟、浜松等のよさこい祭りへの遠征を行い、演舞を披露しています。

 

――瀧澤さんが最上級生となった昨年は、新型コロナウイルスの影響でお祭りもほとんど開催ができなかったと思います。

「よさこいダンスチーム 響」では、発表する演舞を毎年一新しており、コンセプトを考え、それに基づいた曲作りをプロの方に依頼したり、衣装のデザイン、そして振り付けに至るまで、全てを最上級生が中心になって半年ほど時間をかけて作り上げています。私たちの代になって半年後、ようやく新演舞をお披露目できると思っていた矢先に新型コロナの影響で各地のよさこい祭りが軒並み中止になってしまい、結局何もできないまま引退になってしまったのは、とても悔しいですし、残念でなりません。


次のページ:より多くの人のためになる仕事をしたいと考え、公務員志望に変更。

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ