業界の固定概念を打破してくれる、いい意味でやんちゃな方を採用したい。

いちよし証券株式会社 人事部 係長 山崎竜也さん

企業姿勢を表す言葉、「売れる商品でも、売らない信念。」

 

――貴社では行動原則をまとめたクレド(信条)を、全役職員の方が常に携帯されているそうですが、どのような内容が記載されているのでしょうか?

経営理念である「お客様に信頼され、選ばれる企業であり続ける」に始まり、経営目標、行動指針等が記載されており、何かしら行動・判断に迷ったときはこのクレドに立ち返って考える、という思考法が全員に浸透しています。当社を始め証券・金融業界は形のない商品を扱っていると共に、命の次に大事とも言えるお金をお客様からお預かりする仕事をしています。さらに言うと、どの証券会社でも買える株は同じなので、商品での差別化ができない業界でもあります。だからこそ当社は、お客様からの信頼を得るために、お客様一人ひとりにあった最善の資産運用の方法は何かを常に考え、プロとして確かな提案ができる資産アドバイザーの育成に徹底的にこだわっています。

 

――そうした企業姿勢を表した言葉として、「売れる商品でも、売らない信念。」があるそうですね。

当社では、「今までの日本にない証券会社をつくろう」を合言葉にしているのですが、これまでの証券会社は目先の利益を追求するあまり、売買を重ねて手数料を稼ぐ、といった営業手法が珍しくありませんでした。またお客様から見ても短期で利益が出そうなものほど魅力的に見えて売れる商品になったりするのですが、その分リスクも大きく仕組みが複雑でわかりづらいことも多々あります。結果的に利益が出ないどころか、損をしてしまう可能性も少なくありません。当社ではお客様に対して、例えお客様から求められたとしてもプロの目から見ても自信をもってお勧めできないものは販売しない、という信念をもって企業活動を行っています。

また、当社には全ての本店、支店で株の値動きを表示する株価ボードを設置しておりません。他の証券会社では当たり前のように店頭で見ることができますが、株価は日々値動きしますので、それに注視して売ったり買ったりすることこそ、目先の利益を追うことに他なりません。当社では短期でなく中・長期で資産を運用し着実に増やしていくことで、お客様に安心して長くお付き合いいただける企業でありたい、そして信頼をより大きくしていくことで、より大きなお金を預けていただけるような関係性を築くことこそが何より大切だと考え、全社員が日々行動しています。


次のページ:オンライン選考の結果を、どう判断・評価するかが今後の課題。

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ