FIRE

人事の図書館 編集長 大西直樹

「FIRE」は「Financial Independence, Retire Early」を略した言葉で、直訳すると「経済的自立と早期リタイア」という意味になります。定年を待たず、なるべく早期にサラリーマン生活を終え、資産運用等を中心に生活していくライフプランで、2014年にはダボス会議でFIREが言及されたことで、主にミレニアル世代の若者の間で火が付きました。この動きは「FIREムーブメント」と呼ばれ全世界に拡大し、日本でも実践しようとする人が増えています。特に2020年以降はコロナ禍の影響もあり、職場や通勤から距離を置きたい人が増え、FIREへの憧れと注目度が一気に上昇しています。

 

経済的自立のために意欲的に貯蓄をし、退職後は運用益などで生活するのが「FIRE」

 

FIREと似た意味を持つ言葉で「早期リタイア」があります。どちらも定年を待たずに早期に退職することは同じですが、リタイアを迎えるまでの資産の作り方や老後資金の考え方が異なります。早期リタイアは、会社都合の場合だと割増された退職金を受け取れることもありますが、基本的に退職後は受け取った退職金と将来受け取る公的年金や貯金などを元手に、少しずつ切り崩しながら生活していきます。それに対しFIREは、経済的自立のために意欲的に貯蓄をし、退職後は運用益などで生活し元手(元本)は減らさないようにすることで、何歳まで生きても問題がないように備えるのです。

具体的には、以下の手順で考えます。

1.リタイア後の年間の生活費を計算する。

2.その生活費を、資産運用収入でまかなうことのできる資産総額を計算する。

3.FIREに必要な資産総額を貯めるために毎月積立投資を行う。

FIRE実現のためにはまず、必要な資産総額を逆算します。そしてできるだけ支出を減らしながら、お金をなるべく資産運用に回し、そこから得られる収入で早期退職を目指すというわけです。

そんなFIREの主な支持者は、マイホームやマイカーに強い憧れを持たず、従来の価値観に縛られないミレニアル世代の人たちです。過剰消費への疑義が根幹にあり、そのために貴重な時間を労働に充てることへの反発や、あくまで目的は豊かな人生設計を模索して自分で作りあげていくという共通認識が背景にあるようです。


次のページ:FIREがいま、注目されている理由。

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ