創造力と遊び心を大切にし、新しい何かをどんどん生み出していきたい。

株式会社マナベインテリアハーツ 人事企画部 部長 真鍋光さん

日本の人々の暮らしに“ワクワクするもの”を創り上げていくデザイナー。

 

――貴社は「ホームファニシングストア」を全国各地に展開しておられますが、そもそもホームファニシングストアとはどのような業態を指すのでしょうか?

ホームファニシングとは「住まいを便利にするための家具や生活雑貨」のことで、家具だけでなく、家の中で便利に、そして快適に過ごすために必要とされている様々なインテリア用品や生活雑貨を数多く取り揃えている店舗のことを「ホームファニシングストア」と称しています。当社はもともと家具店から出発しており、当初から家具のデザインやスタイル、機能性を追求してまいりましたが、現在はそれに加えてカーテンやカーペットといったインテリア用品や、キッチン・バス・トイレ用品といった私たちの暮らしに密着した生活雑貨、さらにはフレグランスやインテリアグリーン等、日常の暮らしをより楽しく潤いのあるものにする商品を数多く取り揃え、お客様の身近に、そして気軽に立ち寄っていただける店舗づくりを目指しています。

 

――衣・食・住の中で「住」に関して、日本は欧米に比べてまだ文化的に進んでいない、という指摘がありますが、貴社でも「日本におけるインテリアの環境を向上させたい」という目標を掲げていらっしゃいます。

欧米の人々が気軽にインテリアを楽しんでいる様子をご存じの方から見ると、まだまだ日本ではお部屋の中にどこか物足りなさを感じることが多いのではないでしょうか。当社では画一化したパターンだけでなく、もっとデザインやバリエーションが豊かなライフスタイルを提案したいと考え、「DESIGN HEARTS~もっと暮らしにデザインを」をモットーに、自社ブランド「MANACASA」を立ち上げる等、デザイン性がよく、品質に優れ、お求めやすい価格で提供できる商品の開発にも力を入れる等、日本の人々の暮らしに“ワクワクするもの”を創り上げていくデザイナーとして、社会への貢献を実現したいと考えています。


次のページ:創造力を発揮し、新たな道を切り拓いていける人材が不可欠。

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ