Z世代

人事の図書館 編集長 大西直樹

「Z世代」は、1990年代後半~2012年頃に生まれた年代を指します。この世代の区分方法は、アメリカで生まれた概念です。もともと、1965年~1980年頃に生まれた世代を「ジェネレーションX(X世代)」と名付けたことに始まり、そのあとに続く世代をアルファベットの順番になぞらえて、1981~1995年頃生まれをY世代(ミレニアル世代)、そしてZ世代と呼ぶようになりました。Z世代は現在、全世界の人口の約3分の1を占めており、少子高齢化の進む日本では、これからの消費、そして就労を担う世代として注目を集めています。

 

人間的なつながりを職場に求めているZ世代。

 

アメリカのコンピュータテクノロジー企業であるデル株式会社は、世界17カ国12,000人以上(日本の回答者は718人)のZ世代(16~23歳)を対象に、テクノロジーと就職に関するグローバルな意識調査を実施(2018年8月~9月)しました。主な調査結果は以下の通りです。

■98%(日本:92%)は正規教育の一部としてテクノロジーを利用した経験を持つ

■91%(日本:78%)は類似した条件の就職機会を選択する際に職場が提供するテクノロジーを重視

■80%(日本:60%)は最先端テクノロジーを活用できる業務への就職を希望 ― そのうち38%(日本:31%)がIT管理部門、39%(日本:24%)がサイバーセキュリティー分野、46%(日本:31%)が技術研究開発職に関心を持つ

■同僚とのコミュニケーションで望ましい方法は、43%が直接的な対話、21%が電話であり、メッセージング アプリ(17%)とショート メッセージ(19%)は最下位(日本では、直接的な対話33%、ショートメッセージ19%、メッセージング アプリ17%、電話 16%、メール 15%)

■75%(日本:88%)はオンラインではなく、同僚などから仕事を直接学びたいと回答

■通勤と在宅勤務の比較では、半数以上の53%(日本:41%)が通勤を望み、58%(日本:41%)は単独ではなくチームとともに働くことを希望

生まれながらにして電子デバイスに触れ、ソーシャルメディアと共に育ってきたZ世代の多くがテクノロジーの扱いに自信を持っていますが、意外にも人間的なつながりを職場に求めていることがわかります。

※デル株式会社「Z世代のテクノロジーと就職に対するグローバルな意識調査結果


次のページ:Z世代の特徴や、重視している価値観とは。

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ