「ヤマハらしさ」を大切にし、採用活動でも「次の感動」を。

ヤマハ発動機株式会社 新卒採用担当/ヤマハ発動機ビズパートナー株式会社 人事総務ユニット 人材採用部採用課 課長 清水淳一さん/鈴木雄一朗さん/内山哲美さん

「感動創造企業」として、お客様の期待を超える感動の創造に挑戦し続ける。

 

――1955年のご創立以来、世界有数のシェアを誇るオートバイや船外機、そして世界に先駆けて開発・発売した電動アシスト自転車等、独創的且つ魅力的な製品を次々と世に送り出してきた貴社ですが、その秘訣はどこにあるのでしょうか?

清水:ヤマハ発動機は「感動創造企業」という企業目的に向け、“Revs your Heart(レヴズ ユア ハート)”というブランド・スローガンを掲げています。これにはRev―エンジンの回転を上げるように、心躍る瞬間、そして最高の体験をYAMAHAと出会うすべての人へ届けたい、そしてイノベーションへの情熱を胸に、お客様の期待を超える感動の創造に挑戦し続ける、という想いが込められており、さらにこの想いを実現する上で大切にしている「ヤマハらしさ」を「発・悦・信・魅・結」という5文字で表しています。

「発」Innovation/独創のコンセプトで、革新に挑む。

「悦」Excitement & 「信」 Confidence/卓越した技術で、悦びと信頼を。

「魅」Emotion/感性に訴え、魅了する。

「結」Ties/人や社会とつながり、絆を結ぶ。

加えて当社には「人」と「機械」を高い次元で一体化させることにより、「人」の悦び・興奮を作り出す技術を表す「人機官能」という独自の開発思想があります。こうした「ヤマハらしさ」をモノづくりの現場はもちろん、企業活動や事業活動の全てのプロセス、全ての階層に注ぎ込むことで、ヤマハはよりヤマハらしくなっていくことができ、それが競争力を高める糧となり、お客様のご期待を上回る「次の感動」を生み出す原動力になっています。

次のページ:会社と個人が「ビジネス・パートナーシップ」を構築し、Win-Winの関係を築く。

1 2 3 4

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ