全学が一体となって「不言実行、あてになる人間」の育成に取り組む。

中部大学 学生教育部 キャリア支援課 課長 渡邉真和さん

正課、正課外の両面で、教職員が一体となって教育・支援。

 

――まずはじめに、貴校のキャリア支援の特徴についてお聞かせください。

単に就職に関する指導をするだけでなく「生き方」と「働くこと」についてじっくり考えてもらうための場でありたい。「キャリア支援課」という名称には、そんな思いが込められています。就職活動が本格化する3・4年生への支援だけでなく、入学直後から卒業までの4年間を通じて自身の進路・キャリアについて真剣に考え、計画を立てる機会を正課、正課外の両面で数多く作り、教職員が一体となって教育・支援を行っています。

まず1年生に対しては初年次教育の一環として「スタートアップセミナー」を全学生が受講し、本学の理念や教育目的の理解の促進、そして4年間の学生生活や卒業後の進路・キャリアについて等を仲間と一緒に学んでもらいます。またキャリア教育科目「自己開拓」は「自分のこと」「他の人とかかわること」、そして「社会とかかわること」を、学部学科を越えたグループによる体験学習で学ぶことができる、本学独自の授業となっています。また2年生では全学共通教育科目「社会人基礎知識」を実施しており、自立した社会人になるために必要な知識や知恵の習得を目的としています。

 

――他にもキャリア支援課が実施される正課外のセミナーがあるそうですね。

文系学部の2年生を対象に「キャリア形成支援プログラム」を実施しています。卒業生との交流会や、直前準備講座等を行っており、本プログラムへの参加を通じて社会を知り、将来について考え、3年生から本格化するインターンシップ、就職活動に万全の状態で臨めるようにしています。


次のページ:春日井商工会議所とタイアップして「報酬型インターンシップ」を実施。

1 2 3 4

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ