改定個人情報保護法(2022年4月施行)

人事の図書館 編集長 大西直樹

個人情報漏えいの原因の上位約70%が「紛失・置き忘れ、誤操作、不正アクセス」。

 

個人情報保護法は、正式名称を「個人情報の保護に関する法律」といいます。企業や団体における個人情報の取扱いのルールを定めることにより個人の権利利益を守りつつ、その有効活用を図ることを主眼としたもので、情報化社会の急速な進行に伴い、2003(平成 15) 年5月に公布され、2005(平成17)年4月に施行されました。

NPO日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)の「2018年 情報セキュリティインシデントに関する調査結果 ~個人情報漏えい編~ (速報版)」によると、個人情報漏えいの原因の上位約70%が「紛失・置き忘れ、誤操作、不正アクセス」ということがわかっています。紛失や置き忘れ、誤操作等は意識付けやルールづくりで防ぐほかありませんが、悪意をもった不正アクセスによる情報漏えいについては、企業として対策を講じる必要があります。

 

 

※NPO日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)「2018年 情報セキュリティインシデントに関する調査結果 ~個人情報漏えい編~(速報版)」より抜粋

次のページ:社会・経済情勢の変化を踏まえ、3年ごとに見直し。

1 2 3 4

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ