個性と一体感を発揮し、見る人も自分たちも、笑顔になれる演技を。

明治大学チアダンスチーム Blooms

花束のように、全体で美しさや一体感を発揮したい。

 

――チームの特徴と、主な活動内容についてお教えください。

宮部:チアダンスチームBloomsは2019年2月に結成された、まだ生まれたばかりの新生チームです。現在の選手は14名で大会や明大祭でパフォーマンスが披露できるよう、週に3~4回の練習を重ねています。当面の目標は8月の東日本大会で、100を超えるチームが参加しますので、そこに向けてチーム一丸となってトレーニングに取り組んでいます。

武元:チアダンスはチアリーディングとは異なり、チーム全員の動きが揃っていることが重要です。一人ひとりがそれぞれに輝きを放ちつつ、全体で美しさや一体感が発揮できるようなチームになりたいという思いを込めて、チームを「花束=Blooms」と名付けました。

宮部:それとチアダンスは選手一人ひとりの動きがチアリーディングと比べてよりスポーティで迫力があり、見る人を元気づけるのはもちろん、競技をしている私たち自身も元気になれるのが魅力ですね。

 

――チームには1年生と2年生しかおらず、チアダンスの競技経験のない方もいらっしゃるそうですね。

宮部:経験者と呼べるのは私と副代表の2名だけで、あとはバレエやバスケといった他のスポーツの経験者や、なかにはスポーツ経験のないメンバーもいます。動きを合わせるのがチアダンスの基本ですので、一人だけ突出した演技ができてもチームとしての評価は上がりません。

武元:私もほぼ未経験から始めましたので、今でも動きを合わせるだけで精一杯、というのが正直なところです。でも何度も繰り返し練習する中で少しずつ成長できているのはとてもうれしいですね。

宮部:チームの代表としてはまずメンバーに、チアダンス=楽しいもの、ということを常に感じてもらえるように気を配っています。まだ技術的に劣っていても練習が楽しい、少しでも上達すると嬉しい、とメンバーが言ってくれるので、それが一番のやりがいになっています。

次のページ:ゼロから何かを作り上げる難しさと、やりがいから得た、成長の実感。

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ