ディーセントワーク

人事の図書館 編集長 大西直樹

ディーセント(Decent)は「まともな、見苦しくない、きちんとした」という意味を持ち、ディーセントワーク(Decent Work)は日本語では「働きがいのある人間らしい仕事」と訳されています。1999(平成11)年に開催された第87回ILO(国際労働機関)総会にて当時のソマビア事務局長が提唱した概念で、具体的には「権利が保障され、十分な収入を生み出し、適切な社会的保護が与えられる生産的な仕事」と報告されています。グローバル競争の激化などによる労働条件の悪化、所得格差、雇用危機、男女不平等や病気・障害・年齢による差別等、数多くの労働問題が指摘されている中で、世界中の労働問題解決に向けて、ディーセントワークは提唱されました。

 

厚生労働省の報告書による「4つの整理」と「7つの軸」。

 

ILOの定義を受けて、日本では厚生労働省がディーセントワークについて4つに整理しています。

(1)働く機会があり、持続可能な生計に足る収入が得られること

(2)労働三権等の働く上での権利が確保され、職場で発言が行いやすく、それが認められること

(3)家庭生活と職業生活が両立でき、安全な職場環境や雇用保険、医療・年金制度等のセーフティネットが確保され、自己の鍛錬もできること

(4)公正な扱い、男女平等な扱いを受けること

さらにこれは7つの軸にまとめられるとされています。

1.WLB「ワーク」と「ライフ」をバランスさせながら、いくつになっても働き続けることができる職場かどうかを示す軸

2.公正平等軸性別や雇用形態を問わず、全ての労働者が「公正」「平等」に活躍できる職場かどうかを示す軸

3.自己鍛錬軸能力開発機会が確保され、自己の鍛錬ができる職場かどうかを示す軸

4.収入軸持続可能な生計に足る収入を得ることができる職場かどうかを示す軸

5.労働者の権利軸労働三権等の働く上での権利が確保され、発言が行いやすく、それが認められる職場かどうかを示す軸

6.安全衛生軸安全な環境が確保されている職場かどうかを示す軸

7.セーフティネット軸最低限(以上)の公的な雇用保険、医療・年金制度等に確実に加入している職場かどうかを示す軸

※厚生労働省「ディーセントワークと企業経営に関する調査研究事業報告書」より


次のページ:労働者の私生活まで配慮した環境を整えていくことも重要。

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ