多くの若者の夢を支援し、世界で活躍できる方を数多く輩出したい。

株式会社愛しとーと 取締役社長 中村浩之さん/取締役副社長 仲井順一さん

自社内一貫体制で雇用を創出し、地域経済の活性化に貢献。

 

――貴社がご本社を構えておられる福岡県は、通販事業の会社が多いそうですが、貴社のように商品開発から製造、物流等を自社内一貫体制でやられている会社は珍しいそうですね。

中村:仰る通りで、多くの会社がマーケティングにのみ注力されている中で、当社では商品に使う原材料の開発から一次産業に携われている方々と共に取り組み、さらに商品開発も大学・自治体等と連携して行う等、お客様に安心してご利用いただける安全な商品づくりを徹底して追求しています。また自社で工場・物流拠点を有しており、安定的且つスピーディな商品供給を可能にしています。

そして何より、自社でこうした体制を整えることで、地域の経済の活性化、そしてより多くの雇用を生み出すことができます。地方創生の大切さが叫ばれて久しいですが、地方には豊かな観光資源があるにも関わらず、雇用がないため、人口減・少子化のスパイラルから抜け出すことができません。私たちは通販事業だけでなく、地域の特産品を使った健康志向の料理を提供するレストランや専門ショップを運営することで、そこを訪れる流動人口を増やし、雇用を生むことで定着人口を増やしてきました。今後も様々な視点から地域の魅力を全国に発信し、雇用の促進、そして地域経済振興の一助になれるよう、この考えをぶれずに貫いていきたいと考えています。

次のページ:自社で成功体験を積み重ね、現在はアジア6カ国で事業を展開。

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ