人事と採用のセオリー 成長企業に共通する組織運営の原理と原則

著者:曽和利光

概要

 

心理学と組織論をベースに、人事と採用の普遍的な”原理・原則”がまとまった1冊となっている。
著者は、本書のタイトルの「セオリー」について「人事や採用の考え方であり、その背景にある心理学と組織論をベースにした人の行動科学」だとしている。優秀な人材を獲得する戦略としてPULL型(スカウト型)採用や「価値観のマッチング」のためにリファラル・リクルーティング(紹介による採用)に特化した採用の実施、会社の成長と社員の独立防止のために分業制を導入したり、コミットメントの強いタイプを採用するために高い固定給を設定したり成長企業の組織や制度はロジカルで原理と原則に則っていると評価する。

一方、多くの日本企業がこれまで常識と考えてきた人事と採用のあり方は非合理的で、今後の組織運営はますます厳しくなると指摘。次の時代での成長のためには、原理と原則に基づく組織運営への切り替えが必要だと強調している。

次のページ:変化の激しい事業環境では、「人事の一貫性」が重要。

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ