HSP

人事の図書館 編集長 大西直樹

HSP(Highly Sensitive Person)は、生まれつき敏感で、周りからの刺激を過度に受けやすい「ひといちばい繊細な人」のことで、アメリカの心理学者のエレイン・N・アーロン氏が1996年にこの特性を提唱しました。HSPの方は、全人口の15-20%に見られるといわれており、5人に1人は、HSPの傾向をもつ方がいらっしゃるということになります。しかし、病気ではなく気質であるといわれており、その特性にどう付き合っていくかが課題になります。

 

HSPの特徴とは?

 

HSPは、周囲の状況にとても敏感です。この気質を持つ方は職場や家庭等の中で気疲れしやすく、生きづらく感じている方も多いと言われており、アーロン博士によると、「DOES(ダス)」と名付けた4つの特性があるそうです。

【Depth of processing】

①一を聞いて、十のことを想像して、考えられる。

②調べ物をはじめると深く掘り下げ、その知識の広さを周囲に驚かれる。

③お世辞をすぐに見抜いてしまう。

④物事を始めるまでにあれこれ考え、時間がかかる。

⑤その場限りの快楽よりも、生き方や哲学的なものごとに興味があり、浅い人間や話が嫌い。

【Overstimulation】

①人混みや大きな音が苦手。

②友達との時間が楽しいものの、気疲れしやすく帰宅すると、どっと疲れる。

③映画や音楽、本等の芸術作品にとても感動して、泣きやすい。

④人の些細な言葉に傷つき、いつまでも忘れられない。

⑤繊細なことに過剰なほど驚いてしまう。

【Empathy and emotional responsiveness】

①人が怒られていると自分のことのように感じて、傷ついたり、お腹が痛くなったりする。

②悲しい映画や本等の登場人物に感情移入し、号泣したりする。

③人のちょっとした仕草、目線、声音等に敏感で、機嫌や思っていることがわかる。

④幼児や動物の気持ちも察することができる。

【Sensitivity to subtleties】

①電化製品の機械音や時計の針の音が気になってしまう。

②強い光や日光のまぶしさ等が苦手

③近くにいる人の口臭やたばこの臭いで気分が悪くなってしまう。

④カフェインや添加物に敏感に反応してしまう。

⑤肌着のタグやチクチクする素材が気になってしまう。

⑥第六感が働き、よく当たる。

次のページ:HSPはセルフチェックで確認が可能。

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

  • HSP

    人事の図書館 編集長 大西直樹

    2021.02.15 更新

  • 360度評価

    人事の図書館 編集長 大西直樹

    2021.01.25 更新

  • インクルージョン

    人事の図書館 編集長 大西直樹

    2020.11.30 更新

  • 構造化面接

    人事の図書館 編集長 大西直樹

    2020.11.16 更新

  • エンゲージメント

    人事の図書館 編集長 大西直樹

    2020.10.19 更新

おすすめ記事

一覧へ