一貫性と柔軟性のバランスをとりながら、よりよい情報発信、採用活動を可能に。

日建リース工業株式会社 採用担当/日建レンタコム株式会社 タレントパワー事業本部 課長代理 鮫島 浩明さん

社会が求めていることを察知し、事業形態を柔軟に変化。

 

――祖業である仮設資材レンタルをはじめとする4つの主力事業がありながら、新規事業への挑戦も積極的に取り組まれている貴社ですが、その原動力はどこにあるのでしょうか?

当社の経営理念は、「レンタルを通して大いなる社会貢献と幸せの創造」です。当社のみならず、全ての企業は社会に貢献し、お役に立ち続けなければ存在している意味がありません。いまは主力4事業を通して社会にお役に立つ仕事ができています。ですが将来を考えた際、例えば建設業界は現在のような需要がなくなっているかもしれません。変化のスピードがより一層激しくなっているいまこそ、社会が何を求めているのかを敏感に察知し、事業形態を柔軟に変化させていくことで社会貢献をし続けていくことが企業に与えられた使命だと考えておりますし、新分野・新事業への取り組みを通じてその業種業態の発展に貢献し、喜んでいただけることを第一義として取り組んでいます。

 

――そうした取り組みの推進には、優秀な人材の獲得が欠かせないかと思うのですが、貴社ではどのような人材を求めていらっしゃいますか?

先ほども申し上げました通り、変化に対応し、社会が何を求めているかを察知することが求められますので、情報感度が高く、何事にも興味が持てる方が必要だと考えています。加えて、どんな事業でも1人で成し遂げるには限界がありますので、周りをうまく巻き込んで新しいものを生み出していける方、そして周りと一緒になって物事を前に進められる力を持った方を求めています。

 

――20卒及び21卒の採用数等についてお教えください。

近年では50名の採用数を目標としており、20卒では48名が入社、21卒では49名が入社予定です。採用対象は文理問わないのですが、当社は近年、商品をレンタルだけでなく、自社で開発を必要とする案件も増えてきており、22卒採用に関しては機電・情報系といった理系人材を積極的に採用していきたいと考えています。


次のページ:「習う→できる→教える→創る」というスパイラルで人材を育成。

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ