360度評価

人事の図書館 編集長 大西直樹

360度評価(英語:360-Degree Feedback)とは、上司・同僚・部下等、評価対象者にとって立場の異なる人が多面的に評価をする手法のことで、「360度フィードバック」「多面評価」とも呼ばれています。 「評価」という言葉が付いてはいますが、元々は能力開発の手法としてアメリカで誕生したもので、必ずしも人事評価のための手法ではなく、処遇等とは結び付けずに育成の手法として用いられることも多くあります。

 

360度評価に注目が集まる背景とは?

 

「働き方改革」が叫ばれるようになり、企業の働き方は大きく変わってきています。残業時間の短縮といった働き方の変化とともに、自宅やサテライトオフィス等でのテレワークが推奨され、働く場所も変化しています。その結果、直属の上司が常に仕事内容や勤務態度を把握できないため、従来のように上司のみが被評価者に対して評価を行う一方的な評価がきわめて困難になってきています。

普段あまり関わることの少ない上司から評価を受けた場合、良い評価であるならあまり気にならないかもしれません。しかし悪い評価や改善点を指摘された場合、被評価者はその評価に対して納得しにくく、会社に対する不満の一因となってしまう可能性もあります。これに対し、360度評価により普段から関わりの深い同僚や部下といった、様々な人から評価を受けることで、より納得感があり現実に即した評価が行えると期待されています。

さらに人材育成において、本人の「自律性」が重要視されてきており、本人に「気づき」を与えるためのフィードバックの手法として360度評価が注目されています。1人の上司による評価よりも、様々な立場の複数の人による評価の方が、本人も真摯に受け止めやすいと考えられており、特に管理職層では「部下(下位者)からどのように見られているのか」という気付きをマネジメントに活かしてもらうために、また若手社員では「周囲からどのように見られているのか」という気付きをチームプレーに活かしてもらうために、360度評価が有効な手法として注目されています。

次のページ:360度評価のメリットとは?

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

  • HSP

    人事の図書館 編集長 大西直樹

    2021.02.15 更新

  • 360度評価

    人事の図書館 編集長 大西直樹

    2021.01.25 更新

  • インクルージョン

    人事の図書館 編集長 大西直樹

    2020.11.30 更新

  • 構造化面接

    人事の図書館 編集長 大西直樹

    2020.11.16 更新

  • エンゲージメント

    人事の図書館 編集長 大西直樹

    2020.10.19 更新

おすすめ記事

一覧へ