周りから認められるような言動ができる、しっかりとした人間になりたい。

甲南大学体育会女子陸上競技部 中原みなみさん

夢を叶えるには甲南しかないと思い、第一志望に。

 

――陸上競技は何歳頃から始めたのですか?

小学校6年生からですので、10年以上になりますね。中学校で先生から勧められて100mハードルに取り組むようになり、高校1年までやっていたのですが、なかなか良い記録が出なかったんです。その時に4×400mリレーに出場する機会があり、走ってみるととても楽しくて、この距離に適性があるのではと考え、そこから400mハードルに打ち込むようになりました。

 

――では、甲南大学を選んだ理由についてお教えください。

陸上競技が強い大学で自分を成長させたいというのが一番の理由です。レベルの高い環境に身を置いて、常に周りから刺激をもらうことで自分をより強くすることができますし、またリレーで全国大会に出場したいという夢もありましたので、それを叶えるには甲南しかないと思い、第一志望でした。

 

――3年生の秋から主将という大役も担っていらっしゃいますね。

今年は特に新型コロナウィルスの影響で集まって練習できない期間もあり、チームをまとめるのが難しかったですね。3月から5月まで練習施設が使えず、個人練習しかできませんでしたし、ハードルが飛べない期間もかなり長かったので、再開後にうまく飛べるのか、少し怖かったですね。大会の日程も大きく変更になりましたし、調整面でもとても苦労しました。

 

――ですが9月に開催された第89回日本学生陸上競技対校選手権大会では自己ベストを更新、全国で5位という好成績を収められています。

4年間の集大成として想いが強い大会でもあったので、とても嬉しかったですね。実はこの大会で自己ベスト(58秒90)を出すまで、高校時代の記録を上回ることすらできていなかったんです。大学に入って約3年半でようやく過去の自分を超えることができて、努力はいつか報われるんだということを実感できましたし、陸上競技の面白さ、奥深さを改めて知ることができました。

次のページ:日々の積み重ねを大事にしたからこそ、最高の結果が掴めた。

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ