HR Standard 2020 組織と人事をつくる人材マネジメントの起点

編者:大野順也 著者:株式会社アクティブ アンド カンパニー

伝統的な考えの上に、新しいテーマがある。

 

昨今、「働き方改革」や「同一労働同一賃金」、また「ティール組織」や「アジャイル型人事」、「データドリブン人事」等、組織・人事領域における新しい課題やテーマが、とどまることなく続々と出てきています。また、テクノロジーの進化も後押しして、HRテックといった新しいマーケットも誕生しています。組織・人事領域の課題やテーマは、市場環境の変化とともに、新しい潮流が生まれ、また消えていくことを繰り返しています。

 

一方で、組織・人事の領域においては、セオリーと呼ばれるものも存在しています。それらのセオリーは、いまやあまり語られることなく、どちらかというと、伝統的な古い考え方とされている側面もあります。

 

しかし、著者や編者の大野氏は、そのようなセオリーや伝統的な組織・人事の考え方の上に、先述したような「働き方改革」や「同一労働同一賃金」といった新しい課題やテーマがあると考えております。つまり、目まぐるしく変わる組織・人事領域の新しい課題やテーマは、伝統的な組織・人事の考え方を知ることでより理解が深まるといえるのではないか、そういった考えをまとめることを目的に執筆されたのが本著になります。

次のページ:経済環境とともに移り変わる人材マネジメントのトレンド

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ