自社の成功事例を広めることで、日本中のエンジニアを元気にしたい。

CLINKS株式会社 経営企画室採用チーム 菊地明華さん/好本圭真さん

IT業界の魅力を高め、一人でも多くの方にその魅力を伝えていく。

 

――「全ての社員に愛される会社」を創りたい。そう願って貴社は様々な施策を行っていらっしゃいますが、その原点はどこにあるのでしょうか?

好本:当社は「コンピューターで人の笑顔を増やしていく」、「日本中のエンジニアを元気にする」、そして「IT業界をもっと魅力ある業界にし、ITの面白さをより多くの人に伝えていく」の3つを企業理念として掲げています。ITというのはとても面白くやりがいのある仕事ですが、特に日本では少子高齢化の影響もあり、残念ながら業界の拡大速度に人材が追いついておらず、IT人口が不足しているのが現状です。業界の構造改革を含め、CLINKSだからできることを通じてIT業界の魅力を高め、一人でも多くの方にその魅力を伝えていくことが私たちの使命だと考えています。

菊地:また、IT業界における客先常駐等の勤務形態は、エンジニアの帰属意識、モチベーションを低下させる原因のひとつだと言われています。エンジニアが高い意欲を持ってプロジェクトに取り組めるよう、社員、そしてお客様に対して何ができるのか、何をしなければいけないのかを常に考え、様々な施策に取り組んでいます。

 

――その一例として、貴社では社員の帰属意識・仲間意識を高めるために数多くのサポートを行っていらっしゃいますね。

好本:はい、社内イベントや技術研修等を頻繁に行う事で、客先常駐の社員がなるべく集まれる機会を作るようにしています。他にもサークル活動は野球、バスケ、フットサル、軽音楽等、300以上が活動していたり、社員専用のSNS「モチベーションブログ」を自社で開発し、社員同士の交流促進・活性化に役立てています。

 

――2018年に現在の東京都中央区八丁堀に本社を移転されたそうですが、これも社員の皆さんのモチベーションアップにつながっているそうですね。

菊地:私が入社してすぐに移転をしたのですが、とてもキレイでオシャレなオフィスで、テンション上がりましたね(笑)。客先常駐をしている社員のコミュニケーションの拠点となるよう、またカラオケやバー、卓球台といった遊びの要素もふんだんに取り入れており、社員のクリエイティビティをこれでもか!というくらい刺激しています。

次のページ:未経験、スキルや知識のない方でもプロとして育成する教育・研修体制。

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ