インクルージョン

人事の図書館 編集長 大西直樹

「インクルージョン(inclusion)」とは、直訳すると包括・包含という意味で、包括は全体をまとめること、包含は包み込む・中に含むことを指しています。ビジネスで使用される場合は、従業員がそれぞれの年齢、性別、国籍や勤務形態等の違いを認めて受け入れ、同じ組織で働く仲間として一体感を持つことを指します。インクルージョンが実現した職場では、少数派が排斥されたり、差別されたりすることはありません。誰もが対等に仕事に参加し、その能力を最大限に発揮することができます。

 

「受け入れた人材をどう活かすか」がインクルージョンの目的。

 

ビジネス、人材活用の現場では、「ダイバーシティ(diversity)」という言葉もよく耳にします。企業が「多様な個性、背景を持つ人材を積極的に採用し、組織にさまざまな人材が存在している」という状態をダイバーシティと呼びます。つまりダイバーシティは多様性を認めることで、インクルージョンはそうした多様性を認めて受け入れ、組織として一体となることを意味しており、インクルージョンはダイバーシティを土台にしてさらに発展させた、多様な人材が活躍できる社会の実現に繋がる、新たな人材開発の形として広く知られるようになってきています。

インクルージョンの目的は、女性活躍推進や一億総活躍社会などに代表される、多様な人材が活躍できる社会の実現です。一億総活躍社会を目指すに当たって、年齢や性別、国籍などの多様性を認めようというダイバーシティが導入されました。しかしダイバーシティだけでは、多様な人材を受け入れた後に人材をどう活用するかについて不明瞭なため、受け入れた人材をどう活かすかまでしっかり考えようというのがインクルージョンの目的です。

従来の日本企業は、すべての人に均質化を求める「画一的な組織」を目指しており、多様性の重要性に気づかず、また、気づいていても多様性(異質な人)に対して否定的な状態でした。しかしその組織がダイバーシティ&インクルージョンにより「多様性を受容する組織」に変化すると、さまざまな属性・価値観を持つ人材が組織内に存在するようになり、時代の変化に対応するための競争力や問題解決力が強化されるようになり、新たなイノベーションを生み出すことも期待できます。

次のページ:インクルージョン推進のメリットとは?

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ