失敗することも貴重な経験なんだ、そう気付けたのが一番の財産です。

名城大学 社会連携センター PLAT

いろんなことを経験することで自身の幅が広がるのではと考え、参加。

 

――まずお二人が、社会連携センター PLATの取り組みに参加したきっかけをお聞かせください。

篠田:私は体育会弓道部に所属していて、1年生のころはPLATのことは全く知らなかったんです。ただ1年生の終わりころに漠然と「何か企画することに参加してみたい」と考えるようになり、その時はどうやればいいかわからずにそのままにしていたのですが、2年生の5月頃にPLATが開催していた「名城大学×(株)ジェイテクト」のアイデアソンの募集ポスターを見て、やってみようと思って参加しました。

弓道は団体戦で戦うのですが個人戦の色合いが強く、私自身も自分がやらなきゃという責任感から失敗を怖がる気持ちが強かったのですが、アイデアソンでは違う意見を言ったとしてもみんなから「いいね!」と言ってもらえ、失敗することも貴重な経験なんだと気付けたのがとても新鮮で魅力的に感じたんです。その楽しさに気付いてから、興味を持ったプロジェクトにはすべて参加していますので、約1年半の期間ですがもう数えきれないくらいになりますね。

松浦:私はもともと地方創生に関心があり、ゼミでも地域ベンチャーファイナンスやスタートアップによる地域活性化について学んでいます。社会連携センターPLATには、「MEIJO STARTUP CLUB」という、ビジネスプランコンテストへの挑戦や社会課題の解決を志すコミュニティがあり、私は入学後間もない頃にこのコミュニティの立ち上げを知りました。その時は正直、スタートアップと言われてもピンとこなかった部分もあるのですが、いろんなことを経験することで自身の幅が広がるのではと考え、参加しました。

現在は名古屋大学をはじめとする東海地区5大学による起業家育成プロジェクト「Tongali(トンガリ)」が主催する「Tongaliアイデアピッチコンテスト」の予選が10月31日(土)に開催されますので、それに向けて最終仕上げにかかっている状況です(取材日:2020年10月21日)。初めての挑戦で緊張すると思いますが、自信を持って発表できるよう、万全の準備をしたいと思います。

次のページ:このプロセスを経験できていることが、自分にとって大きな財産。

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ