構造化面接

人事の図書館 編集長 大西直樹

構造化面接とは、臨床心理学におけるアプローチのひとつで「自社の採用要件を明確にした上で、あらかじめ評価基準と質問項目を決めておき、マニュアル通りに実施していく」という面接手法です。応募者全員に一貫して同じ質問を行い、明確な基準に従って回答を評価することで、面接担当者の主観による評価のばらつきが出にくく、より公正に応募者を評価することが目的でGoogle等の有名企業でも導入されています。

 

オンライン面接において、構造化面接は必須。

 

新型コロナウイルス感染症の拡大は企業の採用活動にも影響を与え、オンライン面接を実施する企業が増えています。人事担当者や面接官の声を聞いてみると「オンライン面接であれば対応できるという求職者が増え、この時期でも選考を進められて機会損失を防げた」というポジティブな意見があり、求職者からも「現職や家庭との両立を考えると、オンライン面接のほうがありがたい」「外出を避けたいので、自宅から面接できるのは安心」と好意的に受け止められているようです。

しかし一方で、画面越しの面接では、「求職者の表情や目線、緊張の度合い等を読み取りづらく、選考・見極めが難しい」という面接官も少なくありません。また面接官の主観によって求職者の評価が大きく変わり、入社後にミスマッチになってしまったり、経験の浅い社員が面接を担当する場合、評価の基準が分からず合否を判断できないケースも多いようです。そのような状況を回避するために有効な手法として、構造化面接が注目されており、当サイトの1周年スペシャルコンテンツである動画「コロナで変わる採用のスタンダード」でも、株式会社人材研究所代表取締役社長の曽和利光さんが「オンライン面接には構造化面接が適しており、評価制度が高まるだけではなく、求職者に対して好印象を与えることができる」として、「オンライン面接において構造化は必須」だと述べられています。

次のページ:何を評価するのかだけでなく、どのように評価するのかを設定することが大切。

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ