様々な経験、そして出会いが、夢の実現を後押ししてくれる。

専修大学 日本文学文化学科 4年 又吉祐仁さん

自らの決断で道を切り開いてきた高校、大学生活。

 

――小さい頃から野球で大活躍してこられたそうですね。

野球は小1から始め、中学校では九州選抜に選ばれ、全国3位になりました。高校は地元の沖縄ではなく、より高いレベルで勝負をしたいと思い、甲子園で優勝経験のある強豪校へ進学しました。3年生の時にチームは甲子園出場を勝ち取ったのですが、直前でケガをしてしまい、それまでレギュラーで出場していたにもかかわらずベンチ入りすらできなくなってしまいました。最初はとても悔しくて仲間の活躍を喜ぶことができなかったのですが、このままでは遠い土地への進学を認めてくれた両親の気持ちを裏切ることになるのではないかと気づき、メンバーの体調管理やメンタルケアといったサポートを行い、チームに貢献するように気持ちを切り替えることで、チームの勝利を心から喜べるようになりました。大きな挫折を味わった高校3年間ですが、かけがえのない仲間と思い出を得ることができましたし、野球をやってきて本当によかったと思います。

 

――では、専修大学の日本文学文化学科を志望した理由を教えてください。

沖縄から静岡に進学した際、同じ日本でありながら文化がこれほど違うんだ、ということを強く感じたのがきっかけで、日本の伝統文化に興味を持ち始めました。例えば沖縄では様々な催しを旧暦で行う事が通例で、盆踊りに相当するエイサーも旧盆である8月下旬頃に実施されています。また沖縄では先祖供養を大切にする考えが根強く残っており、毎年4月上旬頃に行われる清明祭(シーミー)には親戚一同がお墓の前に会して食事をしたり、お酒を飲んだりしながら賑やかに過ごすことで、故人を偲び、結束を深めるようにしています。ご存知ない方からすると不思議な文化かもしれませんが、沖縄人にとっては当たり前の光景ですし、離れたことで改めてその良さに気付き、こうした文化の違いをより深く学びたいと思いましたので、専修大学の日本文学文化学科を志望しました。現在は沖縄の泡盛文化の継承をテーマにした卒業論文の制作に取り組んでおり、自身の学びの集大成にしたいと考えています。

次のページ:様々な社会人・経営者と触れ合い、知識を深めていく。

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ