エンゲージメント

人事の図書館 編集長 大西直樹

「エンゲージメント(engagement)」とは、一般的に「約束」「雇用(契約)」「婚約」等を意味する言葉ですが、人事領域では従業員が組織に抱く「愛社精神」「愛着心」「思い入れの強さ」といった意味の「従業員エンゲージメント」と、「熱意をもって仕事に取り組める」「仕事から活力を得ている」といった「ワーク・エンゲージメント」という2つの意味で使われています。

◆ワーク・エンゲージメント

「ワーク・エンゲージメントとは仕事に関連するポジティブな心理状態で、活力、熱意、没頭によって特徴づけられるものを示している。そのエンゲージメントとは、特定の対象や一時的な状態ではなく、仕事に向けられた持続的かつ全般的な感情と認知のこと」と、オランダの心理学者であるシャウフェリらは定義しています。ワーク・エンゲージメントの高い人は、仕事にやりがい(誇り)を感じ、熱心に取り組み、仕事から活力を得て活き活きとしている状態であるといわれています。

◆従業員エンゲージメント

「従業員エンゲージメントとは、会社と従業員との間の信頼関係が構築され、従業員が会社に対して貢献したいと思い、相互での愛着心があること」とアメリカの心理学者、ウィリアム・カーンが提唱したといわれています。近年米国のHRや人事開発業界などでも「エンゲージメント」という言葉が注目されており、そこでも従業員が企業との関係について、どのくらい愛情を持っているか、という意味で使用されています。

これまで日本では、終身雇用という仕組みが一般的だったため、働いていく中で従業員エンゲージメントが自然と高まっていくことが期待できました。しかし終身雇用が崩壊した現在では転職することも一般的になっており、優秀な社員が好待遇で引き抜かれる、より良い待遇を求めて転職していくということが日常的に発生しています。さらに、労働人口の減少により採用環境はさらに厳しくなっています。「人が出ていきやすく、人を採用しづらい」環境が加速している中で、金銭的な側面だけではない企業と従業員との関係性づくり=「エンゲージメント」の向上が重要視されているのです。

 

次のページ:日本のエンゲージメントスコアは世界最下位レベル

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ