ジョブ型採用

人事の図書館 編集長 大西直樹

「ジョブ型採用」とは、「職務や勤務地、労働時間等が限定された雇用契約(ジョブ型雇用)」を前提とした採用のことです。日本では会社でジョブローテーションを繰り返し、会社に最適化された人材を育成する「メンバーシップ雇用」が一般的です。しかし、年功序列・終身雇用の崩壊に伴い、徐々に成果主義をベースにした欧米型の雇用手法が日本に浸透していくにつれて、日本企業においてもジョブ型雇用を導入する企業が増加しています。

 

22卒学生の約8割が「ジョブ型採用に興味あり」と回答。

 

新型コロナウィルスの世界的に流行をきっかけに、テレワークの導入をはじめとする働き方の見直しが進んでいます。また、業務のあり方や勤務制度の見直しが進むにつれ、雇用に対する考え方も変わってきたことも、ジョブ型雇用の導入を後押ししています。例えばKDDIでは、21年度入社でジョブ型採用の割合を4割にまで拡充すると公表しました。この他、日立製作所、資生堂、富士通といった企業がジョブ型雇用へのシフトを進めると発表しています。

株式会社学情が22卒の学生を対象に実施した調査では、約8割が「ジョブ型採用に興味がある」と回答しており、「ジョブ型採用を実施している企業があればプレエントリーしたい」と回答した学生は半数以上になっています。興味がある理由としては「どんな仕事をするかが明確だから」が最多、次に「配属される部署が決まっているから」となっており、入社後の仕事内容が明確な点に魅力を感じている学生が多いことが読み取れます。

出展:あさがくナビ2022会員対象 2022年卒学生の就職意識調査(ジョブ型採用について) 2020年7月版

次のページ:メンバーシップ型採用との違い。

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ