コンピテンシー

人事の図書館 編集長 大西直樹

「コンピテンシー」とは、優秀な成果を発揮しているハイパフォーマーの行動特性のことです。アメリカのハーバード大学で心理学者たちが行った研究によると、優れた成果を発揮している人には特定の行動特性があり、その特性を把握し、他の従業員の人材育成や人事評価、採用活動に活用していこうという企業の試みがあります。そこでは、備わっている能力ではなく、能力を発揮した結果や、表れている事柄に注目しています。例えば、営業で高い成果を上げている社員のターゲティング手法、メール作成方法、事務作業のやり方等を分析し、その行動特性が把握できれば、営業戦略に基づいて他の社員が個々の業績を上げるためにとる行動が明確になります。ハイパフォーマーの行動特性の型は何かを把握し、その型を他の社員に当てはめていく手法の元になるものともいえるでしょう。

 

企業の問題を解決する糸口として、力を発揮。

 

コンピテンシーが注目されるのには、大きく分けて2つの理由があります。1つ目は、企業が成果主義へと移行したことです。成果主義の導入により、個人の業績や成果を判断する基準に加えて、能力を客観的に評価する基準が必要になってきました。そこで、能力を評価する基準としてコンピテンシーを使った人事評価制度へと見直す企業が増えていきました。

2つ目は、企業としての生産性を向上させるためです。競争が激化する社会の中で生き残るには、組織や企業全体の生産性を高めていく必要があり、社員一人ひとりの能力向上が欠かせません。そのためには、コンピテンシーを分かりやすくまとめ、見本となるような指針を作り、社員へと浸透させていくことが有効となります。このように、コンピテンシーは企業の問題を解決する糸口として力を発揮します。なお、コンピテンシーと似た経営用語に「コアコンピタンス」があります。コアコンピタンスは「自社の強み」を示す言葉です。また、他社や顧客から見た企業全体の能力を示し、客観的な評価の基準として用いられます。

次のページ:3つの「コンピテンシーモデル」を設計することが必要。

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ