特別編:21卒学生に聞く就活のリアル

人事の図書館 編集長 大西直樹

新型コロナウイルスの感染拡大は、2021年卒業予定者の就職活動にも大きな影響を与えています。合同企業セミナーの中止やオンライン説明会・面接への対応等、これまでに例のない就職活動を余儀なくされた学生たちがどのように考え、行動し、振り返ってどのような感想を抱いているのか、人事の図書館では就職活動を終えた2名の21卒学生にインタビューし、リアルな実情についてお聞きしてみました。

 

インターンシップへの積極的な参加で、影響は最小限に。

 

◆国公立大学 法学部 4年 男性

 

――就職活動のおおよそのスケジュールについてお教えください。

3年生の6月頃からインターンシップ向けの合同企業セミナーに参加し、まずは就職活動の雰囲気を知るところから始めました。周りの友人と比べると少し早かったと思います。その後夏休み期間に10~15社のインターンシップに参加。なるべく数を回りたかったので、短期のインターンシップばかりでしたが、それでもかなり忙しかったですね。

秋から冬にかけてはゼミの論文に集中し、就活は年明けの1月末頃から本格化させました。2月に再度積極的にインターンシップに参加し、そこから本選考に進む企業を選んでいましたので、2月頃から学内合同企業セミナー等が中止になりましたが、私自身はそれほど影響を受けていません。ただし周りの友人からは「やばいぞ」という声をよく聞きましたね。

 

――企業説明会にも問題なく参加できましたか?

はい、オンライン企業説明会に関しては、3月末に参加予定だった企業説明会が延期になった後にオンラインで開催された1社だけの参加で、それ以外は全て実際の説明会に参加することができました。ただし選考・面接に関してはほぼ全てオンラインでの実施となり、結局一度も企業を訪問しないまま内々定をいただいた企業もありました。その後第一志望の企業から内々定をいただき、7月上旬に就職活動を終えました。

 

――オンライン企業説明会・面接で印象に残っている企業はありますか?

参加したオンライン企業説明会が、パワーポイントの説明のみで延々2時間開催する、という内容で、これはとてもしんどかったですね。画面越しと言うこともあり、集中するのがとても難しいと感じました。

面接に関しては機材やネット環境の影響もあるのでしょうが、時間通りに進まないことが多かったですね。ある企業の例ですが、学生は時間厳守で開始15分前からログインして待機してるのですが、面接官が入ってこられたのは開始時間から15分遅れで、30分も待たされたことがありました。こちらはずっと緊張して待っているにもかかわらず、その間何も連絡がなく、しかも面接に要した時間はたったの10分(笑)。当然志望度は下がりますし、ある種の洗礼を受けたような気分になったのを覚えています。

逆にいい印象をもった面接ですが、これはオンラインでも実際に会っての面接でも同様に、一方通行ではなくお互いに理解を深めようと意識して面接をしてくれたり、単に質問をするだけでなく、自分のことをより知ろうとしてくださった企業に対しては好印象を持ちましたね。

次のページ:オンライン面接への苦手意識は最後まで払拭できず。

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ