ハロー効果

人事の図書館 編集長 大西直樹

「ハロー効果」とは心理学の用語です。ハロー効果の「ハロー」は英語の「halo」で、キリストや聖人等の絵画で頭の後ろや素の人の背景等に描かれている光の環のことで、これによってその人物を特別な人と認識されやすくしています。このことからハロー効果とは、あるモノやヒトの対象を評価するときに、一つの特徴に引っ張られてその対象を歪めて見る人間の心理を指します。

ハロー効果という言葉は、1920年に心理学者エドワード・ソーンダイクが書いた論文で初めて使われました。ハロー効果が起きる理由は、原始的な時代に生き抜くためには物事を即断することが有利であって、そのことが遺伝的に受け継がれているのではないかと考えられていますが、実際のところはわかっていません。

 

人事担当者が注意すべき「ハローエラー」。

 

ハロー効果には、ポジティブとネガティブの2種類があります。

【ポジティブハロー効果】

特定分野における高い評価に引きずられて、関係ない他の分野まで高く評価がつけられてしまうことです。学歴の高い人や語学が堪能な人が、実際の業務実績に関わらず、なんとなく「仕事ができる人」と評価されがちなのも、一種のポジティブハロー効果です。

【ネガティブハロー効果】

ネガティブハロー効果はその逆で、特定分野の評価が低いせいで、他の分野の評価まで低くなってしまう現象のことをいいます。また、ハロー効果によって実際の業績や本人の能力と乖離した評価を下してしまうことを「ハローエラー」といい、人事担当者が注意すべき点として挙げられます。

ハロー効果とよく似た現象の一つとして「ピグマリオン効果」というものがあります。ピグマリオン効果とは他者に期待されていると感じることによって、成績をあげる現象のことです。教育心理学者のロバート・ローゼンタールによって提唱された現象であり、「ローゼンタール効果」とも呼ばれます。

ピグマリオン効果は、相手の潜在能力を引き出す際に有効で、部下や新人を育成する際などに役立ちます。

◆ピグマリオン効果:育成時に相手へ使う手法

◆ハロー効果:評価の見え方を変化させる現象

と考えると違いが分かりやすくなります。

次のページ:ハロー効果が面接・人事評価に与える影響

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ