4年間のキャリアデザインを通じて、自主性に富んだ学生を輩出。

東洋大学 就職・キャリア支援部 次長 野口 正生さん

低学年次から学生の自主的な成長を促進・支援。

 

――貴校の就職・キャリア支援の特徴・方針についてお教えください。

本学では4年間で自身のキャリアデザインを自ら考え、行動することを大切にしており、1年次は「自分を知る」、2年次は「なりたい自分を探す」、3年次は「なりたい自分をつくる」、そして4年次は「希望の進路へ向けた実践」と、低学年次からそれぞれの目標・方針を明確にした上で、各キャンパス・学部の特色を踏まえた就職・キャリア支援を行っています。なかでも2017(平成29)年に最先端のIoTを導入した「スマートキャンパス」として開設した赤羽台キャンパスの情報連携学部は、4年間のキャリアデザインに基づいて学生生活を過ごした社会人1期生がいよいよ来春に誕生しますので、本学で得た学びや経験を活かして社会で活躍してくれることを、とても楽しみにしています。

 

 

――それぞれの年次で学生の自主的な成長を促進・支援する仕組みがあるそうですね。

4年間のキャリアデザインをスタートする1年次には、社会人として活躍できる汎用的な能力を「知識活用力」「行動実践力」の側面から測るアセスメントテストを実施し、自己の強みの理解、働くことへの意識の醸成を行い、2年次には自らの1年次を振り返り学修することで、職業意識の醸成に向けたインターンシップへの誘導も行っています。また3年次にはアセスメントテストを再度実施し、1年次からの成長と変化をあらためて認識させるとともに、本格化する就職活動に備えた自己分析ができるよう、各種支援プログラムを実施しています。そして4年次には希望進路に向けた企業・自治体等の選考活動へ円滑に入っていくことができるよう、学内で説明会を実施し、企業等の最新情報を確認する機会の提供や、専門相談員による個別相談を行う等、個々の進捗状況に応じたタイムリーな支援を行っています。

次のページ:コロナ禍の中でも、低学年向けに新たな取り組みを開始。

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ