チームビルディング

人事の図書館 編集長 大西直樹

チームビルディングとは、チームにおける個々人のスキルや能力・経験を最大限に発揮し、目標達成を目指すための取り組みのことです。従来の日本のチームでは、ひとりのリーダーを立てるとワンマンになりがちで個性が活かせない、リーダーへの負担が大きい等の問題がありました。そこでチームビルディングを導入することで、個々のスキルや能力をチームの中でも活かせるようになり、個人以上のパフォーマンスも期待でき、組織全体の成長にもつながります。

 

チームワークとは何が違うのか?

 

「チームメンバーと連携を取り、目標達成に向かってより効率的に作業をする」という意味では、チームワークとチームビルディングに大きな差はありません。では、どのような違いがあるのでしょうか?「チームワーク」はチーム内の連携やコミュニケーションにフォーカスされた言葉ですが、「チームビルディング」は、チームのビジョンなどの将来性を含む言葉です。例えば、サッカーの試合中、勝つために必要なのはチームワークです。しかし、トーナメントで勝ち上がる、いずれは他チームに負けない強豪チームを作る、というような、将来を見越したチーム作りはチームビルディングにあたります。

また、チームワークはメンバー同士で協力して目標達成をするという考え方のため、メンバー一人ひとりの成長にそこまでフォーカスされないケースもあるようです。一方、チームビルディングは個々の力を最大限に発揮しながら目標達成を目指すという考え方のため、メンバー一人ひとりの成長も加味しているとも言えます。

 

チームビルディングが組織にもたらす効果は、次の3つがあります。

◆達成感や成功体験が与えられる

チームビルディングの中には、ひとつの目的にチーム全員で挑むというものもあります。チーム全体で目的を達成した時の達成感や一体感が味わえるだけでなく、成功体験を繰り返すことで、社員ひとりひとりが自信やモチベーションを持てるようになります。

◆コミュニケーションスキルが向上する

チームビルディングを行うと、ビジネス上の基本的なコミュニケーションスキルを培うこともできます。さらに、チームビルディングを通じてチームメンバー同士の信頼度が増しますため、通常業務も円滑に進むようになります。

◆個々の能力以上のものが出せる

今までひとりで何事も解決しようとしてきた人でも、チームビルディングを導入することで、周りと協力して解決していこうとします。個々の能力をかけ合わせたチームは、個々の能力以上の成果が出せるようになり、業務効率も向上します。さらに、考え方やアイディアも集まりやすくなるため、新しいイノベーションの発掘も期待できます。

次のページ:チームビルディングにおける「タックマンモデル」

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ